純アルカリ天然水「金城の華」水の通販サイト

トップページ > 何でも分かる「水」のこと > 水と料理は関係する?

水と料理は関係する?
水と料理の関わりは深く、水の良し悪しでその料理は決まるといわれるほどです。
例えば郷土料理とは、その土地に行かなければ、その美味しさが味わえないものですが、これはその土地の水で育ったものを食材とし、その土地の水で料理されるからです。
これは水に含まれるミネラル成分で産物が出来上がっていることが一つの鍵になっています。
そしてその郷土ならではの料理方法によって積み上げられた食文化が出来上がっているからです。
誰でもすぐにできるミネラルと調理について、コーヒーに一粒の塩を入れると、味覚が変わります。
塩も産地によってミネラル成分が異なるのでコーヒーのおいしさにも影響します。水に含まれるミネラルとは「自然の調味料」ともいえる大事な要素となりえます。
そして水の硬度においてはミネラルのバランスが重要です。
それもカルシウムとマグネシウムのバランスです。
例えばカルシウムは肉のたんぱく質としっかり結合して肉汁を閉じ込めることができます。またマグネシウムは炊飯において抗酸化作用や保水効果があるためご飯に菌の発生を抑えて、黄ばみを防ぎ、また水分の保持ができるためパサツキにくくします。
美味しい水は料理も美味しく
前のページへ戻る