純アルカリ天然水「金城の華」水の通販サイト

トップページ > 何でも分かる「水」のこと > 水分の「摂り過ぎ」ってことは?

水分の「摂り過ぎ」ってことは?
人間の体は約60%が水分でできています。
これが、わずか5%でも不足すれば頭痛や体温上昇、脈拍上昇などの症状を起こしてしまいます。
しかし、いくら飲んでもよいのかというとそうではありません。
水分を摂り過ぎて体内の水分が数%でも増えると、過剰な水を処理するために腎臓に負担がかかり、尿として排出されるべき体内の老廃物を処理しきれなくなってしまうため、体がだるくなったり疲れやすくなったりむくみを起こしたりしてしまうのです。
一日1,500ml~2,000mlを目安に摂取しましょう。
前のページへ戻る