純アルカリ天然水「金城の華」水の通販サイト

トップページ > 何でも分かる「水」のこと > 水分不足は病気になる?!

水分不足は病気になる?!
たとえば身近で恐ろしい病気「脳梗塞」。
脳梗塞は、脳の血管が詰まってその先へ血液が流れなくなってしまう病気です。
詰まる場所によっては顔面や手足の麻痺、言語障害、歩行障害、意識障害などを起こしてしまいます。
突然発作を起こし、重篤な状態になることも少なくない病気です。

脳梗塞の原因は・・・

脳梗塞は、血液中の水分が不足して、血液がドロドロの状態になり血管が詰まりやすくなることがひとつの原因となります。
脳梗塞は、午前中に起こりやすいと言われており、寝ている間に汗をかき、水分が奪われてしまうため、朝起きて水分を摂取しないでいると、ドロドロとした血液が詰まって脳梗塞の発作を起こしてしまう可能性が高くなるからともいわれています。
また、睡眠中のトイレが近くなることを考えて、寝る前は水分を控える人が多いですが、そのために血液が濃くなり詰まらせてしまう原因にもなっていることも・・・。
前のページへ戻る