純アルカリ天然水「金城の華」水の通販サイト

トップページ > 何でも分かる「水」のこと > 太っている人の方が、身体の「水分」が少ない!?

太っている人の方が、身体の「水分」が少ない!?
いつも飲み物をガバガバ飲んでいる太っている人を見ると
「やっぱり水分をとりすぎるとマズイんだ…」と思っていないでしょうか?
しかし現実は、明らかに間違い!
「水を飲みすぎると太る」
「水(汗など)を1度にたくさん出すとやせる」
問題は、飲んでいるものが、ノンカロリーの「水」ではなく、ジュースやアルコールなど、相当にカロリーのある飲み物だから・・・特に炭酸飲料などは糖分が多く、角砂糖で約7コ分も入っている。これらが中性脂肪に変身するわけです。

実は太っている人は・・・

実は太っている人は、中性脂肪が多い分、身体に占める水分量の比率が少ないのです。
健康な人で身体の約60%が水分、太っている人で約50%が水分と言われています。
「太っている」とは「肥満」=「体脂肪率が高い」ことであり、身体の水分量ではないのです。
前のページへ戻る